中絶可能な期間

中絶を考える時、一番気になるのは、いつまで可能なのだろうか? という時期だと思います。
手術は、妊娠5週目から21週目まで受けることができます。

安全なのは妊娠6週目から妊娠12週目

「母体保護法」という母体の生命と健康を保護するという法律では、妊娠21週6日までとなっています。

中絶手術とは、「子宮外での生育が不可能な時期に、胎児を子宮の外に出すこと」をいいますが、現在の未熟児の保育技術は、妊娠22週を過ぎると生存できる可能性があるからです。

しかし妊娠週数が大きくなればなるほど、母体への負担は増しますから、実際に行なわれているのは妊娠11~12週目程度までが多い、となりなす。12週目程度までの場合、まだ胎児が育っていないため死産扱いにもなりません。

また、月経予定日から1週間目の妊娠5週目から手術は可能ではあるのですが、「子宮口が 開きにくい・胎児が小さすぎる」という理由から手術を 行わない病院もあります。したがって実際には、中絶手術は、「妊娠6週目から妊娠12週目程度まで」で行なわれることが多いようです。

東京にある中絶手術
レディースクリニック一覧

妊娠週数の数え方

妊娠週数は、最後の月経のはじまった日を0日目として、0~7日までを妊娠0週目、8~14日を妊娠1週目、と数えていきます。しかし周期や胎児の大きさなどによって変わって来ますので、正確な妊娠週数は診察時にきちんと確認するようにしましょう。

よく聞く「妊娠○ケ月」という妊娠月のほうは、4週間(28日)=1ヶ月で考えられています。

妊娠週数と妊娠月対応表

※昔は、妊娠期間を十月十日としていたので、妊娠週数を最後の月経が始まった日を0日として0~6日までを妊娠0週目、7~13日までを妊娠1週目、と満で数える場合もあります。